投資サイト
JCBゴールドカード

2006年06月11日

ドルコスト平均法

 あいたた、、、先月書き込みしました。今日は簿記2級の

試験日でした。結果は、玉砕です。_| ̄|〇 あぁ、、

気を取り直して、ドルコスト平均法をご紹介したいと

思います。



 皆様はマーケット・タイミングを計って売り買いするのは

得意ですか?ブログマンは、ど下手です。安く買って、高く売る

のが得意な方(幸せ者)は、以下の書き込みは読む必要ありません。

 例えば、給料のうち、月10万円ずつ金融商品にまわすとします。

仮に投資信託を買うとします。投資信託も値上がりしたり、

値下がりしたりします。

しかし、ひと月に買える金額は10万ですから、高値の

時は少なくしか買えません。しかし、安くなれば、沢山買える

のです。一口500円の月は200口しか買えませんが、一口100円の

月は1000口も買えてしますのです。つまり、

市場が高値のときは、たくさん買わずにすみ、安くなったら

大量に買えるんですよ。とっても合理的な購入方法です。

この購入方法をドルコスト平均法といいます。

ピーターリンチも「運用」に自信がなければ、ドルコスト平均法を

お勧めしてますし。

実はブログマンはドルコスト平均法が好きなんですよね〜。

市場が下げ相場になれば、それだけ、大量に買えるので。

どんどん下がれ〜! 沢山買えるぞ!!てな感じです。

沢山買ったら沢山配当がでます。その配当で、また買い続けたら

雪だるま方式で増えますよ。それで市場が回復して高くなったら、

大量に買った口数を高値で大量に売るんですよ!!

おいしいプレイじゃないですか?

本日もご訪問くださり、有難うございました。またのアクセスを

楽しみにしていますね。

ご参考になりましたら、応援クリックお願いします(笑)

人気blogランキング

posted by ブログマン at 17:42 | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。